バスタオル一枚です

持って行かないものといえば・・・ お風呂に入った後に使うタオルも「バスタオル」しか持って行きません。

何度もお伝えしている通り、荷物は極力少なくしていきたい。

タオル類を多く持っていくことは、かさばることの他に家での洗濯物も増えるということになります。

ジムに行くだけで、日常の洗濯物に加えて更に量が増すんです。 今のところ夫婦二人だけので、毎日洗濯はしません。が、ジムに行くようになってから洗濯回数は確実に増えました。

 

話はそれてしまいましたが、お風呂に入った後はバスタオル一枚しか使用しません。

通い始めの頃は、バスタオル+フェイスタオルを持っていっていたんですが・・・。 結局、フェイスタオルを使うのは濡れた髪の毛をワシャワシャっとタオルドライする時しか使わなかったんです。

それでいて、濡れた髪の毛を拭いた後のタオルって結構湿りが激しい。

水着なんかは脱水機にかければ、素材的に結構水分を飛ばしてくれるんですけどタオルはそうもいかず・・・。

脱水機は水着のみの使用だったと思ったので、そのかなーり湿ったタオルを持ち帰るのはバスタオルに包んだりしなくちゃいけなかったんです。(あくまで三十路オンナの場合です。)

一回一回ビニール袋持ってくるのも、無駄な気もするし・・・。

 

そんなこんなで、モヤモヤしていたらある日「持っていくのやめてみよかな?」と思い立ったわけです。

今まで普通のバスタオルを使用していたんですけど、動きやすい「着るタイプ」のバスタオルが欲しくて探し回っていてやっと見つかった時期でもあったんです。

そのバスタオルは、ポリエステルとナイロン素材のものすごく水を吸収してくれる素材。 反面、乾きもすごく早い素材。

これなら、着るバスタオル一枚でやりすごせそうだ!と思ったわけです。(-`ω´-)

mono06

 

お風呂のシャワーブースで、髪の毛をワシャワシャとバスタオルで拭いて体も拭いて、後はワンピースのようにして着用する。

ボタンをいくつかとめれば、ワンピースのようになるのでハラリと落ちる心配も無い。 濡れた髪の毛もタオルドライで結構水を吸ってくれるしかといって、タオルがビショビショになるわけではない。

 

こうして三十路オンナの荷物必要最低限が益々進んでいったのです。

綿のバスローブみたいなのとかワンピースみたいなタオルも売っていますが、三十路オンナの使っている着るバスタオルは干すときは広げて干せるので乾きも早い。

荷物を減らしたい人や、バスタオルの生乾きの匂いなどに悩まされている人にもオススメなグッズなのでした。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP