ジム通いに必要なもの

さて。

ジムへ通うにはどんな持ち物が必要なのか。

 

全く運動グッズを持っていない私は、一からそろえる必要があった。

基本的に必要なものを思いつくだけ書き出してみた。

 

1.かばん

大きさは、どれくらいの持ち物になるかによると思うので大体の目安がつく最後に購入するのが無難かと思われます。

ワタシは基本大きな荷物を持って歩くのがキライなのでかばんも中くらいのサイズ。

ただ、外が綿素材で中がナイロン素材になっているものを選んでみました。

理由は一つ。

多少、水分を吸っても表面まで影響しづらいかなと思ったので。

家に帰ったら、裏返して物干しで乾燥させております。

もちろん濡れたものはビニール袋に入れて、普通のカバンに入れても構わないと思います。

 

2.バスタオル

運動後にしろ、プールに入った後にしろお風呂に入ったりシャワーを浴びる人が多いハズ。

濡れた体をふく為に、これも必需品。

 

実際に行ってみると、本当に持ち物は様々で。

バスローブは見たことないけれど、子供の頃プールで使っていたスカートタイプのタオルとか、ワンピースの形のバスタオルを持ってきているのをよく見かけます。

洋服を着る前にスキンケアや髪の毛を乾かしたり、お化粧をしたりするからか動きやすくて体も拭けるものを選んでる人が多いのかも。

もちろん、バスタオルで体を拭いてからタオル地のワンピースだったり綿のワンピースを着ている人もいらっしゃいます。

荷物を少なくしたい人には兼用できるタイプがオススメ

 

mono01

 

3.お風呂グッズ

これも、お風呂入る上で必要なもの。

・ シャンプー、リンス

・ 洗顔料

・ ボディソープ

・ 上記のものを入れるプラスチックのかご

これくらい・・・かな。

ジムによってはリンスインシャンプーやボディソープが置いてあるのでそれは個人個人の判断で良いかと。

シャンプーやリンスも家で使うようなボトルで持ってきている人も沢山。

ただ、そういう人はだいたい月々料金を払ってロッカーを借りて保管しているようです。

 

ロッカー代なんて勿体無い!!でも、荷物多いのは嫌!っていう人は旅行用の小さいボトルで良いと思います。

無くなったら詰め替えなきゃいけないのがデメリットではあるけれど。

 

お風呂グッズを入れるプラスチックのかごは、大小様々。

かごじゃなくても、今お風呂専用の鞄が売られていたりするのでそういうものでもOK。

でもたぶんほとんどの人が100均のじゃないかなぁ・・・と思っているのですが。

 

4.スキンケアグッズ

お風呂やシャワーを浴びたあとは、スキンケアを。

スキンケアも人それぞれなので、これも個人個人の判断で決めていけばいいかと思われます。

お化粧をして帰宅するひともいれば、車だから・・・と基本的なケアだけして帰宅する人もそれぞれ。

髪の毛を乾かす時の、くしやブラシなどもお忘れなく。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP