久しぶりのプール

筋トレと有酸素運動でしっかり汗をかいた三十路オンナ。

普段からトレーニーオットが筋肉を使った後はアイシング(冷やすこと)をと言っていたので、それをかねてプールに入ろうと決めていた。

 

プールに入るなんて10年以上ぶり。

 

水着に着替えて、ワクワクしながらプールへ向かう。

懐かしい塩素のにおいを感じながら、プールサイドで軽くストレッチをする。

 

プールはいくつかのコースに分かれていて、ウォーキングのコースや初心者用コース。

上級者用や、連続して泳ぐコースなどがある。

とりあえず、ウォーキングコースで優雅にお水と戯れるかな。と思いながらプールに入る。

 

さっきまで、汗だくで熱を発している体にプールはとても気持ちよかった。

「ほえぇぇぇぇぇぇぇ(*゚o゚*)」と心の中でまったりとしてしまう位に。

taiken06

それと久しぶりの、体にまとわりつくこの水の感じ。

すっかり、リゾートでのプールを楽しんでいる気分になってしまった。

 

5分から10分程度、ウォーキングで体の熱を冷ましてから水泳へ。

その昔は、小さな体で長い距離を泳いだりクルリと回転させてターンをしていたりしたのでこの時もそのつもりで泳ぐはずだった。

優雅に水の中を泳ぐイルカをイメージして、水の中を泳ぎ始めた。

と、途端にイルカから陸に揚げられた魚の気分になった。

 

くっ・・・苦しいんです。

優雅にクロールのはずだったのに。

昔のように、スイスイスーイなイメージで。

10メートル程の潜水状態から水面に上がってクロールをはじめたんです。

20メートル程泳いだ時点で、呼吸するのがしんどい! 肺が苦しい。(/TДT)/

25メートル泳いだ時には、もうゼイゼイ言っていて呼吸も荒い。

泳いでるときは、肺が圧迫される感じを覚える。

 

もう、なんというかショックで。

こんなにも体力がおちているのかと。

 

泳ぎに問題は無くても、泳ぐことが困難になっていることに。

25メートル泳ぐことに精一杯なことに。

ものすごく運動に対する体のブランクを感じてしまった。

 

ただ、やっぱり泳ぐことは気持ちがいい。

クロールは心肺機能への負担が大きいので、比較的泳ぎやすい平泳ぎで後の時間を過ごした。

 

体が思うように動いてくれないショックを感じつつも、やっぱり久しぶりのプールは気持ちがよくて・・・。( ´艸`)

1時間ほど水の中に滞在してたでしょうか。

もうそろそろいいかなと、プールサイドにあがった・・・ら。

ずしり!と一気に自分の体へ重力がかかる。

おっ・・・重い。自分の体が重い。

まさしく「だるおも」。_| ̄|○

 

それと共に、疲労も急激に襲い掛かってくる。

調子づいて1時間も水の中にいたことに激しく後悔。

 

「何事も程々に」が一番。(´ x `;*)

無理はしてもいいことは何も無いということを痛烈に学びました。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP