筋トレマシンはまだ続く

■ 第二のマシン :ラットプルダウン

これは、マシンの方に向かって座るタイプ。

上の方にやじろべえみたいにバーがぶら下がっていて、座りながらバーを上げ下げするマシン。

主に肩甲骨の周りの筋肉(広背筋)を鍛える為のもの。

これも、下ろすときに息を吐いて上げるときに息を吸う。

(後日トレーニーオットに聞いたときは逆のほうが良いといってましたが・・・)

同じく10回でワンセット。2,3セットやるのが好ましいとか。

taiken03

第一のマシンよりも比較的負荷を感じることなくトレーニングが出来る。

(この時のウエイトは18kg。第一のマシンより7kg重たい)

やっぱり、使う筋肉によって全然負荷のかかり方が違うんだな・・・と実感。

 

これも1セットのみで、次のマシンへ移動。

本来なら、太ももの筋肉をトレーニングするためのマシンへ誘われるはずだったのですがマシン大人気の為、先に腹筋を鍛えるマシンと戯れ決定( ´_ゝ`)ノ。

 

トレーニーなオットの話によると、胸・背中・お腹・太ももの筋肉が体の中心になる大きな筋肉で(体幹筋)、だいたいこの四天王を意識して鍛えるものらしい。

他の部位は、四天王と共にくっついて鍛えられるからそこまで意識しなくて平気なんだとか。

 

加えてスタッフさん曰く腹筋は多少の無理にも応えてくれるので一番最後が望ましいとのこと。

腹筋を鍛えることに力を沢山使ってしまっては、余力が持たないってこと・・かな?

そうはいっても、今回に限ってはあいていないものは致し方ない。

第三ステージは腹筋を意識したマシンとの格闘と相成った。

 

■ 第三のマシン :アブドミナルクランチ

(舌噛みそうな名前・・) これは前向きに座った後、筒状の枕のようなものを下から抱きかかえお腹を前屈させるマシン。

主に腹筋を鍛える為のトレーニングで特に胃の位置くらいの腹筋に効いてる感じ。

taiken03-2

これがまぁ、なんとまぁ曲者で。

「女性ならこれくらい」のウエイトが11kg。

もちろんそのウエイトで実践しました。

・・・いや、正しくは「したかった。」「しようとした。」

 

が!!!!

 

「フンッ!!!」って位の気持ちと勢いをもって前屈してみた。

これがさっぱり動かない。

アラ?アララララ?( ̄ー ̄?).

 

「フンッ!!!!」 ・・・・・・・・・( ̄_っ ̄)?????

「フーーーーーーーンッ!!!!!!!!」(*`Д´*) ・・・・・・・・・・・・。

 

なぜだか全く持ってピクリとも動かない。

冷静に考えてみると、どこに力を入れれば動くのか感覚としてつかめない。

大ピンチ!!! これ全くできません!

腹筋には根拠は無いけどちょっと自信があったのに!!!

 

近くで見守ってくれているスタッフさんも、若干焦りながら「じゃあウェイト下げましょうか~」といって近づいてきてくれる。

結局「女性ならこれくらいグラム」を一段階下げてもらって7.5kgで再挑戦。

それでも、最初はわずかにしか出来なかった。

やっぱり、力を入れる部位の感覚がつかみづらい。

 

ただ、すこーしでもウエイトが浮けばなんとなくの感覚は掴める。

基本、ウエイトを一度あげたら下ろしきらずにまた上げるので一度上がってしまえば楽チンだ。

これも、10回で1セット。

これだけ2セット行ったので、2セット目の最初の前屈は「なんとなく」の感覚を頼りに持ち上げることは成功したのであった。

どこに力をいれればいいのかよくわからないというのも、なかなか不思議な感覚かも・・・。

そんなことを脳裏に浮かべながら、繰り返していたのだった。

 

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP