初めてのジム見学 後半

トレーニングフロアを見学した感想といえば・・・。

 

自分が思っていたイメージと正直違っていた。

 

と言うのも、もっとストイックなイメージ。

違う言い方をすれば、汗ばむマッスルボディのトレーニーと引き締まったボディを惜しげもなくさらしているトレーナーが二人三脚で鍛えている風景を想像していたからだ。

 

実際のトレーニングフロアは、奥は一面窓になっているため明るくトレーニングをしている人々も老若男女様々。

13~14種類のトレーニングマシンが一種類につきだいたい2台ずつ並び、後はランニングマシンが20台くらい。

さらには、二種類のサイクリングマシンが20台位置いてある。

 

ちょっぴり感心してしまったことは、サイクリングマシンとランニングマシンについては長時間の使用に対応して1台ずつのテレビがついていること。ヽ(=´▽`=)ノ

テレビがあってもフロア全体で2,3台上の方についてるくらいかな?と思っていたので、各マシンについているとは「ながら運動」には素敵な環境。

 

奥の方にはスタジオが二箇所設けられていて、有料なのかと思いきや無料で好きなレッスンを受ける事ができる。

こりゃ、見学してみないとわからないことだらけだな…と思ったのは言うまでもない。

 

思っていたよりも明るく爽やかな雰囲気のトレーニングフロアの中で、自分がせっせとトレーニングに励む姿を想像していた私は既に怖いものはなくなっていた。

 

ある程度見学に満足したので、案内をしてくれたスタッフさんに「もう満足です!」と告げてトレーニングフロアを後にした。

「何か質問等はありますか?」とのスタッフさんの問いに「ありません」と答えようとした瞬間、大事なことを思い出した。

 

そうだ!!!水着!水着!

プールに入っている老若女はどんな水着を着用しているの?

これは忘れてはいけない質問だ。

学生を卒業と共に水着も卒業した三十路オンナには、スポーツ目的の水着は競泳用水着しか思い当たりません。

 

「あ、あのぉ・・・。プールに入っている女性の皆さんってどんな水着を着てらっしゃるんですかねぇ?」と質問をしてみた。

「あ、水着ですか?そうですねー」といいながら、併設されているスポーツ用品の売場に案内されて実際の水着を目の前にしながら説明をしてくれた。

 

「まぁ、大体ご年配の方はこういったセパレートタイプが多いですね」 そういって、見せてくれた水着は膝上くらいのスパッツみたいな下と上はノースリーブのシャツのようなタイプ。

肌の露出は少なめで、安心安全なタイプだ。

 

ただ・・・。やっぱりご年配用。

柄がね。なんというか柄がいわゆる「おばちゃん」って感じの柄なんです。

上手く表現できないことをお許し願いたい。

 

若い方は色々ですよ。競泳用のを着ている方もいらっしゃいますし派手ではないけどオーソドックスな形の水着をきていらっしゃるかたもいます。」

「ちょっと前まで若いかたが着る感じのセパレートタイプの水着あったんですけどねぇ。売れちゃったかな?」とスタッフさんは水着を掻き分けて、「おばちゃん柄」ではないものを探してくれていた。

 

そんなこんなで、特に悶々と心配していた水着の件も「どんなのでも大丈夫そうだ」ってことですっきりしたので見学を終えることにした。

 

最後に、体験チケットをもらって見学会終了。

なんだか清清しい気持ちでスポーツジムを後にできた。

既にやせた体を手に入れたような清清しさだった(●´・∀・`)ノ

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP